2017年5月27日土曜日

シュリカンチョール虫よけ

Copyright(C)2009 Cafi Net All Rights Reserved.

じぇいど♪、見えない方々とは普段おしゃべりはしますが、特にスゴイ話するわけでもなく。まして自分のために「力を使う」とか「なにかを自分から思いついてお願いする」ってことは、前回「祈り」の話をわざわざ書いたように、めったにしないんですが。

先日のこと。

夕方、川沿いを歩いてたんですがね。シュリカンの上司でもある龍神さんと、このお花きれいだねえ、あら、なんか鳥がいるね、風が気持ちいいね、とかのんびり話しながら。

夕方、川、草木がいっぱいの道、ときたら、蚊がいっぱいの場所。すでにちょっと汗ばむ季節、しかも素足。もうここんところで何度も蚊には刺されていて、おまけにじぇいど♪、人よりなぜか極端に刺されやすい上に蚊には弱くてとても腫れてしまうので、あーあ、蚊に刺されたらやだなあ、とふと思ったら・・・

あ、じゃあ、刺されないようにしてあげようか?と龍さん。

えーそんなことできるのぉ?いやそもそもこの会話だって単なる脳内妄想炸裂会話かもで・・・といつもの、すべてを疑ってかかるナナメな姿勢、が出かかると。

ねえねえ、じゃ、それオレにやらせて?と横から守護竜のシュリカンが。

じゃ、教えてあげるからやってごらんよ、と上司の龍さん。

中のじぇいど♪に悪影響にならないよう、それでも蚊は寄せ付けないよう、こんなのと、こんなのと、と何種類かのエネルギーを層にして、とか二人でなんだか楽しそう。

シュリカン「ねえ、わかりやすいじゃんこれ!これで、帰りつくまでに一個も蚊にさされなかったら、認める?」

じぇいど♪「なにを?」

シュリカン「いや、なにをって、全部さ。オレの実力(って教えてもらってはじめてやるんじゃないかw)、オレがいること、龍さんがおること、こういうことが可能なこと、全部。それで、ちゃんとブログに書いてくれる?」

じぇいど♪「うんまあ・・・一個も刺されなかったらね」

これ以上の好条件で蚊に刺されないなんてありえないじゃん、と思いながらOKすると・・・おとーさんからLINEがきたり、なんだかんだですっかり忘れてました。

すると家についてピンポンして玄関をあけたももちゃんが、顔を合わせるなり、「おかあさん、あたし、ずっと家にいたのに蚊にいっぱい刺されちゃってかゆいんだけど、ムヒがみつからないのよ!ムヒどこ?」

と、それで思い出して・・・

じぇいど♪「あれ?どこもかゆくない(。´・ω・)?」

シュリカン「勝ったー!!オレの勝ち~!」


・・・ということで、書いてみましたよ。その後も家の中でもさされませんでした。ちゃんちゃん♪


今年もナチュラル虫よけをそろそろ買わんとですね。←結局信用しきれてないw


蚊取り線香も普通の緑のより除虫菊まんまのほうがなんとなく好きです

部屋の中ならやっぱ洋風のこっちかな